てるき

おちあい輝紀

(36歳)

現役園長、経験をいかして
徳島のこどもを全力サポート!
プロフィール

おちあい輝紀


●1982年7月生まれ(36歳)
(高祖に、初代県議会議員富永豊八)
●徳島文理大学卒(保育士・幼稚園教諭)
●海外・不登校・引きこもりの経験から子育てや
教育の大切さを感じ、保育士になる
●徳島市内の保育園に勤務後、2012年から
ナーサリー富田幼児園園長に就任
●自民党 徳島県支部連合会青年局 青少年交流委員長
●自民党 徳島志政塾1・2期生
●林英臣政経塾12期生
プロフィール

おちあい輝紀


(36歳)

●1982年7月生まれ(36歳)
(高祖に、初代県議会議員富永豊八)
●徳島文理大学卒(保育士・幼稚園教諭)
●海外・不登校・引きこもりの経験から子育てや
教育の大切さを感じ、保育士になる
●徳島市内の保育園に勤務後、2012年から
ナーサリー富田幼児園園長に就任
●自民党 徳島県支部連合会青年局 青少年交流委員長
●自民党 徳島志政塾1・2期生
●林英臣政経塾12期生

ミャンマーの学校訪問(1994)

個展(2015)

絵本の読み聞かせ

運動会

子育て

子育て世代をすぐにサポートできる徳島へ!

保育園の園長として、「見たい」「知りたい」「やってみたい」を叶える教育環境を作り続けてきました。学校だけが学びの場ではありません。街で、山で、川で学べることがたくさんあります。所得も年齢も住んでいる場所も関係なく、思う存分勉強できる徳島を目指します。

教育

たくさん勉強できる徳島へ!

苦しくしんどい想いをした子育ても、時が経てば良い思い出になるのかもしれませんが、子育ては毎日本当に大変なんです。 今この瞬間、子育ての助けを必要としている人へサポートが行き届く街を目指し、保育士として現場で毎日オムツを替え、ご飯を食べさせ、寝かしつけてきた経験をいかした子育て支援の仕組みを考えます。


故郷

こどもに故郷の素晴らしさを伝えよう!

他界した祖父の家を片づけた時、大切だと思われる写真や品物も思い出の価値と意味が分からず処分するしかありませんでした。もっとたくさん会いに行って、話を聞いておけばよかったと思っても間に合いません。おじいちゃんとおばあちゃんからこどもたちへ、徳島の人・街・自然・文化をしっかりと伝えていくコミュニティーを作り、素晴らしい故郷・徳島を次の世代へと引き継ぎます。

何度でも挑戦できる徳島へ!

不登校と引きこもりを経験し、小さい失敗も大きな失敗もたくさんしてきました。それでもがんばってこられたのは、家族と地域の支えがあってこそ。失敗しても大丈夫!進学・起業・夢をあきらめないで!挑戦とやり直しができる街・徳島を目指します。


「ちょっと違う」に優しい徳島へ

「ちょっと違う」人は、ちょっとだけ生きづらい思いをしています。「ちょっと違う」意見は、なかなか聞いてもらえません。性別、職業、家族構成、趣味、生活スタイル・・・ちょっと違うことを受けとめられる、優しい街を作ります。

「夢と希望も奪う」少子化を止めよう

こどもの成長は奇跡の連続。うまれてきた瞬間。はじめて歩いた時。ママと呼ぶ声。こどもの存在は、世の中に夢と希望が確かに存在していることを実感させてくれます。世の中から夢と希望を奪っていく少子化を止めるための政策を考え、形にしていきます。